バージョンアップ情報UPGRADES

ANALYSIS LEADS SUCCESS.

サイト内検索の解析機能を追加

今回の機能強化では、サイト内検索における分析機能を追加しました。
Googleカスタム検索Namazuなどに代表されるサードパーティ製の検索ツールを使うことにより、サイト内検索を容易に実装できる環境が整いつつあります。
SEO対策やSNS対策、広告出稿などによりサイトに閲覧者を誘導した後、閲覧者に対して、よりマッチした情報を提供できるようサイト内検索を利用するケースが増えています。
シビラでは、このような情勢変化から、サイト内検索を分析することにより、閲覧者がどのような情報を求めているか、検索されたキーワードからニーズを探る機能を実装しました。

資料ダウンロード(PDF)

■機能詳細

この機能は、ページ内に埋め込まれているトラッキングタグにカスタマイズを入れることなくご利用して頂くことが可能です。

シビラの[サイト解析]及び[ページ解析]にある、[検索分析]機能に対して、サイト内検索の分析結果を表示する機能が追加されます。
外部の検索エンジンからの流入キーワードと、サイト内検索による検索状況は、分析画面内のタブを切り替えることで表示されます。

sitesearch_overview
外部の検索エンジンからの流入分析と異なり、サイト内検索による分析では、検索に使われた検索語句による検索数と、その検索語句による遷移数(つまり一覧結果の画面からリンクをたどり、当該コンテンツが表示された数)の分析が行えます。
検索語句の検索数を分析することにより、閲覧者がどのようなコンテンツを欲しているのかを分析できます。
また、その検索語句の遷移数から、検索結果として、ユーザニーズにマッチしたコンテンツがあるのかを把握することができ、今まで以上にサイトの改善に役立てることが可能です。

sitesearch_values
さらに、特定の検索語句にから、どのようなページに遷移したのかを分析することも可能です。
検索結果画面から遷移したページよりコンバージョンに結び付いているか分析することにより、さらなる問題発見に繋げられます。
sitesearch_reverse

■この機能を利用するための設定に関して

この機能は、[各種設定]に追加された[サイト内検索設定]にて、検索結果が表示されるページのURL及び検索語句を表すクエリパラメータ名を追加して頂くだけでご利用可能です。
つまり、トラッキングタグなどのカスタマイズ設定などは必要ありません

sitesearch_setup
サイト内検索結果が表示されるページのURL指定には、正規表現指定も可能なため、柔軟な設定が可能です。
また、設定が正しいか確認するための[設定チェック]機能も搭載されているため、設定ミスを防ぎつつ、素早く設定を行い、分析を開始することが可能です。

■独自に実装されているサイト内検索機能への本機能の適用に関して

この機能は、
    ・サイト内検索の結果画面のURL
    ・検索された検索語句が指定されるクエリパラメータ名
が分かれば、独自実装されたサイト内検索機能でも分析することが可能です。
ただし、検索された検索語句が指定されるパラメータは、いわゆるGETパラメータである必要があります(POST送信の場合には対応できません)。

■サードパーティ製のサイト内検索エンジンをご利用の場合の、本機能の適用に関して

基本的には、サイト内検索を独自実装している場合と同じです。
ただし、検索結果の一覧ページにシビラのトラッキングタグが埋め込める必要があります。

Googleカスタム検索をご利用されている場合にも、本機能を利用して頂くことは可能です。
ただし、Googleカスタム検索をご利用されている環境への、本機能の適用に関しては、若干、検索結果ページのカスタマイズを行って頂く必要があります。
詳細に関しては、FAQにある「Googleカスタム検索によるサイト内検索機能の利用方法」をご参照ください。

資料ダウンロード(PDF)

  • 販売パートナーのご案内
  • OEMについて
  • メールソナー mailsonar

page top

シビラログイン


顧客ID:
ログインID:
パスワード:

ログイン